老け顔の大きな原因

注射器

美容整形でほうれい線を解消しよう

顔にできるシワで特に年齢を感じさせると言われている「ほうれい線」は、1cm伸びると5歳老けて見られるとも言われています。顔の中心にできる深いシワで、さらにファンデーションなどのメイクでカバーすることも難しいこともあり、ほうれい線が大きな悩みとなっている人も少なくないでしょう。ほうれい線は頬のたるみによってできるシワで、加齢による表情筋の衰えや骨格自体の特徴も原因になるようです。ほうれい線ができやすい骨格をしている人の場合、20代という若さでも口の横にクッキリとほうれい線が入るケースも少なくありません。一気に老け顔を作ってしまう要因となるほうれい線、何とか解消したいというのであれば美容整形外科クリニックに相談してみてはいかがでしょう。特に東北エリアで美容整形外科クリニックを利用する際は、名医が多いと言われている仙台市内のクリニックがおすすめです。仙台市内の美容整形外科クリニックでは、原因に合わせて適切な美容整形・美容医療を提供してくれると評判です。

ほうれい線を仙台市内の美容整形外科クリニックで解消したいという場合、年齢や効果などを比較して自分に合う方法を選択することがおすすめです。例えば、20代・30代と若い年齢の方でほうれい線に悩んでいる、または予防したいと考えているのであればウルセラやサーマクールなど、照射系の美容医療が向いています。このような照射系の美容医療は顔にメスを入れることなく、肌のたるみを解消できほうれい線を薄くできるのが特徴です。ほうれい線だけでなくフェイスラインのたるみなど、他の部位のシワ・たるみの予防にも有効なのでこの年代の方におすすめです。40代以降で本格的にほうれい線を解消したいという場合は、リフトアップ効果に優れているスレッドリフトが効果的です。東北でも最大の繁華街、仙台市ということもありこのエリアにある美容整形外科クリニックは、都心部と変わらず様々な美容整形・美容医療を提供しています。ですので、ほうれい線の状態などに合わせて自分に合った方法を選べるというのが、仙台市内にある美容整形外科クリニックを選ぶメリットです。

Copyright© 2019 地方にいながら都心部のクリニックとほぼ同じ美容整形を受けられる All Rights Reserved.